逆光や視界不良と注意点

車でありがちなどが逆光と呼ばれるもので、とりわけ坂道などでは、きちんとブレーキなどを踏んでいなかったために逆走してしまい、後ろの車と衝突してしまったりするようなケースがあるようです。教習所内でも、後ろに車がある状況などは、しばしばありきちんとブレーキを踏んでいなかったために、後ろの車にとって非常に危険な状況を招いてしまったというようなパターンがあるようです。このような場合でも、50 CM 未満である場合には教習が実行されるわけですが、1 m 以上後ろに下がってしまった場合などには、一発教習が中止になってしまうというケースもあるわけですから、特に、重要であると言っていいかもしれません。何よりも、重要なのは中止になったこと自体にショックを受けるのではなく、自分自身の運転がなぜ悪かったのか、ということを指摘することができさえすれば、安全な運転に一歩ずつでも近づくことができている、というふうに考えていいのではないでしょうか。きちんとブレーキを踏みながら、運転をしておくことは、周囲にも自分自身にも安全を与えるということを覚えておきましょう。一発で、中止になってしまうこともあるのが、厳しい郷愁の世界なわけですが、安全面を考慮して、そのようにしているということを忘れないようにしましょう。他にも、教習が一発で中止になってしまうパターンとしては、青信号の時に停止したままになってしまったり、安全地帯と呼ばれる、例えば、路面電車などの停車や歩行者の乗車下車などを行うスペースなどに侵入してしまった場合や、追い越し禁止のところを黄色い車線を超えて、追い越してしまったりした場合などもあったり、同じ場所で、4回以上エンストしてしまったりだとか 、歩行者などに接触する意見が多いにあった場合なども中止となることが一般的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です