優先道路の捉え方

優先道路だからと、ただただ真っ直ぐに走っているだけでは、大いに危険を伴っているということを、必ず覚えておかなければいけないという風に言っていいでしょう。危険と、常に隣り合わせなのか運転であるということを覚えておかなければならないのは、自明であるという風にいやそうです。また、重要なポイントとしては、信号の変わり目の時に加速をしたり、急に速度落としたりするということがないように、事前に前方の交通状況をきちんと確認しておくことが求められている、というそうです。教習所では見られなかった信号を無視するような車や歩行者などがいた場合には、自分自身が緊急に判断をしなければ事故に巻き込まれてしまうというようなケースもあるわけです。そのような際になるべく最小限の被害に済ませるためにも、常に前方の交通状況に気を払いながらいくことが重要でしょう。教習所などでは、機械を持ち得たシュミレーションが活用されるようになってきており、このような授業の中では、トラックの後ろにくっついて走っている2輪車が事故に巻き込まれやすい、というような言われ方をすることが多いようです。とりわけ、資格となっている見えない部分では、何かがいるというようなことを常に意識しておくことがポイントであるという風に言っていいかもしれません。それだけでなく、対向右折車の死角に、2輪車がいるということと歩行者が急に飛び出してきたり、子供が急に飛び出してきたりするほか、自分自身がカーブの仕方を間違って、交差点に進入してしまって、思わず、事故に遭ってしまった、などというようなケースが考えられるようですから、注意しておくといいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です