運転する楽しみ

路上検定では緊張の連続であるとは思われますが、検定を受ける前にまずは深呼吸をしながら息をと整え、これまでに学んできた事柄を整理するように心を落ち着けましょう。検定ではアクロバティックなプロのレーシング技術を披露する事を求められているのではなく、実際に教習所や自動車学校で学んできた事柄を実践すれば良いのです。さらには禁止されている事柄や交通ルールでの違反行為、危険運転となるような運転をせずに、安全で安定した運転技術が身に付いていると判断されれば合格であるのです。難しい事は考えずに車を運転する際の大切な事柄を検定内で実践すれば良いと考えましょう。検定における減点表などを確認しながら、減点される行為を行わない事を心掛ける事が重要です。現代では、将来的には無人で運転できるような車両の開発がメディアなどで大きく取り上げられておりますが、運転する事の楽しさを味わう事を将来の人ににも伝えたいと個人的には考えております。自動運転装置は、快適なドライブを楽しむ1つのツールではありますが、運転する技術を磨くことも人間の楽しみとして未来の人々にも伝えていきたいです。検定試験を受講される皆様は、これからのドライバーとしての人生の中では、検定試験はほんの通過点でしかないのだという事を想像していただきたいです。初めての事柄は、どんな事であっても緊張を伴うものですが、正しい交通ルールを理解し、安全運転を行う技術が身に付く事で、車を運転する楽しみを味わってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です