高齢者ドライバーと認知症の発見

2017年に道路交通法が改正された事で、年齢による車の運転に関する認知機能の低下対策が行われております。各メディアなどでも報道されている高齢者ドライバーによる交通事故を防ぐ為であります。3年ごとに行われる免許更新時の認知機能検査では、「認知症」の疑いを早期発見する為の取り組みが行われています。免許更新時に、「認知症」の疑いがあると判定された場合、医師の診断を受ける必要性があります。医師の診断により「認知症」が認められた時点で、免許証の取り消しや停止とされます。その他にも、交通違反をした際に、臨時の認知症の検査を受ける事が必要となりました。高齢者ドライバーの日々の認知の衰えは、同居する家族や子供たちが、日々チェックする必要性がありますが、家族の「認知症」は実際、同居している人ほど気づきにくい部分があるのが現実でもあります。法は改正されてはおりますが、高齢者ドライバーの認知の衰えに気づく事は、普段の日常生活の中では簡単なことではないのかもしれません。何よりも認知症を予防する対策の推進も必要であろうと考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です